【加西アルプス】播磨下里駅〜善防山登山口〜善坊山〜笠松山〜権現堂〜長駅


コースガイド

  1. 播磨下里駅
  2. 善防山登山口
  3. 小学校への分岐
  4. 牧場への分岐
  5. 善防山
  6. 下山コースへの分岐
  7. 周回コースへの分岐
  8. 古法華寺への分岐
  9. 吊り橋
  10. 古法華寺への分岐
  11. 笠松山
  12. 権現堂
  13. 長駅

播磨下里駅➡︎善防山

北条鉄道「❶播磨下里(はりましもさと)駅」で下車し、踏切を渡ります。2つ目の「下里小学校北」交差点の手前に立つ「❷善防山登山口」の道標(石柱)にしたがって、山道に入ります。

竹林の平坦な道から灌木林の山道に変わります。❸小学校への分岐をすぎると、岩場が現れます。岩尾根に出ると視界が開け、南北に大パノラマが広がります。そして、善防山が目の前に。

見晴らしのよい平坦な岩尾根歩きから、ロープも張られた急登に変わります。

樹林帯に入り、❹牧場への分岐の道標を右にとれば、藪の中に「第二頂上」の標識が現れます。眺望はなし。

さらに藪尾根を進むと、❺善防山の山頂に到着。善防山城跡の説明板があるだけで、山頂から展望は望めません。

ですが、少し歩いたところにある「丸岩」へよじ登れば、展望が得れます。岩から降りるのが大変なので、無理をせずに。

スポンサーリンク

善防山➡︎吊り橋

丸岩をすぎ、灌木林を下っていくと、前方には荒々しい笠松山の景観が、目の前いっぱいに広がります。

平坦道になり、やがて❻下山コースへの分岐に出会い、道標にしたがって、「吊り橋 古法華石仏」へ進みます。

さらに❼周回コースへの分岐もあり、道標に従って、こちらも「吊り橋 古法華石仏」へ進む。

吊り橋の手前に❽古法華石仏への分岐には道標(石柱)があり、目の前に❾吊り橋と岩峰の壁が立ちはだかります。

吊り橋➡︎笠松山

吊り橋を渡り、見上げるようなクサリ場の岩壁を登ります。登りきると絶景が広がり、磨崖仏(岩壁に彫られた仏様)や笠松山が大きく迫ります。上は古法華寺への分岐になっています。

ここを右に折れ、展望の開けた岩尾根をたどって灌木林の急坂を登り、❿古法華寺への分岐と合流。

笠松山・山頂に近づくにつれ、頭上にそびえる感じで圧巻。

さらに最後のクサリ場を登りきると⓫笠松山の山頂に到着。

山頂には、展望台があり、一段高い場所からは360度の大パノラマを堪能。北に播磨平野、西に姫路セントラルパークの観覧車や明神山の双耳峰が見えます

展望台あたりが大休憩に最適ですが、スペースが狭いのが難点。

スポンサーリンク

笠松山➡︎長駅

権現堂へは展望台の床下、三等三角点標石の裏から北西へ向かいます。けっこうきつい稜線です。展望台南側の道を行けば、公園に戻ってしまうので要注意。

小ピークを何度が越えると、⓬権現堂に到着。

広い一本道を進み、鳥居をくぐり、北西へ向かえば、北条鉄道「⓭長(おさ)駅」。