【兵庫アルプス】福定親水公園〜氷ノ山越〜氷ノ山〜福定親水公園


コースガイド

  1. 氷ノ山鉢伏口・バス停
  2. 福定親水公園
  3. 地蔵堂
  4. 氷ノ山越
  5. 仙谷分岐
  6. こしき岩
  7. 氷ノ山
  8. 神大ヒュッテ
  9. 東尾根避難小屋
  10. 東尾根登山口
  11. 氷ノ山国際スキー場
  12. 福定親水公園
  13. 氷ノ山鉢伏口・バス停

福定親水公園➡︎氷ノ山越

JR山陰本線 八鹿(ようか)駅から鉢伏行きの全但(ぜんたん)バスに乗り、❶氷ノ山鉢伏口バス停で降ります。

氷ノ山国際スキー場に続く林道に沿って、約20分ほど進むと、登山口である❷福定親水(ふくさだしんすい)公園があります。ここには、トイレ・登山届箱・水場などがあります。マイカー登山の場合は、ここで駐車します。

ここから、八木川沿いでも、林の中の自然歩道でも布滝に行けます。落差65㍍の「布滝」を見て、山腹の登山道を登っていきます。

不動滝を見て、遭難者に冥福を祈る「お地蔵様」がある、ジグザグに進む急登の難所(通称:小豆ころがし)を登っていくうちに、やがて緩やかにな山腹の巻き道に変わると、道は平坦となり、トタンで囲まれた❸地蔵堂に着きます。

地蔵堂は、古くは氷ノ山越を歩く旅人の足を休める場所でしたが、登山者には、単独行登山家・加藤文太郎が泊まったお堂として有名。

樹林が美しい道を登ると、左手に氷ノ山山頂が望めます。

途中、沢を渡って登り続けると、「ひえの水」「弘法の水」「一口の水」と美味しい湧き水ポイントが続く。

水場を越えると、明るく開けた、峠の❹氷ノ山越に着きます。ここには、氷ノ山越避難小屋があります。

スポンサーリンク

氷ノ山越➡︎氷ノ山

氷ノ山越は、分岐になっており、左に氷ノ山・山頂、正面に鳥取側の若桜氷ノ山ふれあいの里、右に折れるとハチ高原・鉢伏山へとトレイルが続きます。

ここでは、左に折れて、山頂を目指します。

氷ノ山越から稜線をしばらく歩くと、気持ちのいいブナの原生林がしばらく続きます。

仙谷(せんだに)登山口から登ってくる❺仙谷分岐をすぎると、修験者の修行の場として知られる❻こしき岩が現れます。

岩の上に立つと鳥取県側の山並みを一望。

こしき岩を越えると、ササの斜面で、登りきると❼氷ノ山・山頂。

山頂には、避難小屋と展望台(トイレ有)、方位盤などがあります。一等三角点の山頂から360度のパノラマを存分に楽しんでください。

スポンサーリンク

氷ノ山➡︎福定親水公園

山頂は、三ノ丸への分岐点。避難小屋から西をたどり、古生沼(こせぬま)、古千本(こせんぼん)を通って、❽神大ヒュッテの山小屋を目指します。

神大ヒュッテは、大段ヶ平(おおだんがなる)の分岐点に建っており、ヒュッテから左に折れて東尾根を下ります。

数ヶ所の水場や「一の谷休憩所」をすぎると、❾東尾根避難小屋が見えます。

東尾根避難小屋は、まど登山口との分岐点。ここを左に折れ、❿東尾根登山口へ下ります。

登山口からは、但馬アルペンルートを歩きます。登山口を左に折れ、すこし進むと、トイレのある奈良尾キャンプ場に、さらに進むと急な木階段が続き、⓫氷ノ山国際スキー場へ。

林道を下ると、⓬福定親水公園に到着し、⓭氷ノ山鉢伏口バス停に向かいます。