【金勝アルプス】上桐生バス停〜落ヶ滝〜鶏冠山〜竜王山〜狛坂磨崖仏〜上桐生バス停


コースガイド

  1. 上桐生バス停
  2. 落ヶ滝
  3. 鶏冠山
  4. 天狗岩
  5. 耳岩
  6. 白石峰
  7. 茶沸観音
  8. 竜王山
  9. 重ね岩
  10. 国見岩
  11. 狛坂磨崖仏
  12. さかさ観音
  13. オランダ堰堤
  14. 上桐生バス停

上桐生バス停➡︎落ヶ滝

JR東海道本線「草津駅」の東出口を出て、帝産バスで❶上桐生バス停へ。

道標にしたがって、鶏冠山・天狗岩方面へ。「桐生若人の広場」の駐車場の中を通り、舗装された北谷林道をしばらく歩くと、やがて道標のある分岐に出会います。

直進すれば、そのまま鶏冠山へたどりますが、右の落ヶ滝方面へ。ここから、未舗装の道に。

少し歩き、右に奥池、左に桐生小屋の脇をすぎたら、雑木林の中へ。

沢沿いの道を進むと分岐点があります。左は駐車場、直進は鶏冠山・落ヶ滝、右はオランダ堰堤。ここを直進。

少し歩くと、鶏冠山の分岐があり、これを右に進み、落ヶ滝方面へ。この辺りから山道に岩が散見しはじめます。

足場に注意しながら、しばらく歩くと、道標のある分岐に出ます。ここを右に折れると、❷落ヶ滝に到着。

落ヶ滝は、落差20mほどあり、3段に分かれ花崗岩を滑り落ちる様子が、爽快。

落ヶ滝➡︎鶏冠山

さきほど分岐まで戻り、右に折れると、山道は高度を上げていきます。雑木林を抜け、花崗岩が露出した、滑りやすい道に。

さらに進むと、落ヶ滝の上部である広い河原に出ます。「落ヶ谷方面」の道標に従います。

沢に沿って岩場を進み、ロープが設置された岩場をすぎると、「天狗岩・耳岩方面」の道標が現れます。

道標に従い、岩場の沢を登りきると、分岐(北峰縦走路)にたどり着きます。

分岐を左へ進み、長い急登が登りきると、❸鶏冠山の頂上に到着。

北側に少し展望が開け、近江富士・三上山が遠望できます。

鶏冠山➡︎天狗岩

ひと息ついたら、白石峰を目指します。

先ほどの分岐を越えて、天狗岩・耳岩方面へ。

しばらくは、踏み跡のしっかりとした北峰縦走路を歩きます。展望のよい岩尾根道を進みます。巨岩があらわれ、急坂を下り、登り返すと、「❹天狗岩」の標識が見えます。

巨大な岩峰の天狗岩は、コース中、もっとも展望に優れた、人気のビューポイント。岩に描かれた”赤い矢印”にしたがって、岩の上へ。

天狗岩➡︎白石峰

コースに戻り、耳岩方面へ。

道標にしたがって、「狛坂寺入口方面」を少し歩くと再び分岐。「十九道ダム・片山バス停」ではなく、右の坂道を登ります。

岩尾根をさらに進むと、石積み擁壁があらわれます。そこを登りると、道標やベンチが設置されていて、左手には❺耳岩があります。

耳岩を見たあと、道標に戻り、「金勝寺・狛坂寺跡」の道標に従います。木階段、石階段を登りきると、立派な道標が立つ❻白石峰に到着。

岩の上に立つと、耳岩、天狗岩、鶏冠山が一望。

白石峰➡︎竜王山

「龍王山」の道標に従い、東に延びる稜線を進み、竜王山へ。

❼茶沸観音をすぎ、木階段の上ります。

さらに進むと、「金勝寺 竜王山」の道標があるので、ここを右へ下り、登り返すと、竜王社をまつるほこらの広場に出て、右手の高いところに登れば、❽竜王山・山頂に到着。

竜王山➡︎狛坂磨崖仏

竜王山から、いったん白石峰まで戻ります。

狛坂磨崖仏こまさかまがいぶつに向かうため、道標にしたがい、狛坂寺跡方面へ下ります。

石階段を下り、登り返すと、ダルマ落としのように重なった大岩「❾重ね岩」があります。

大きな岩が重なった重ね岩、展望の開けた国見岩をすぎ、なだらかな稜線を歩くと、❿国見岩があり、「コールポイントKS-2」の脇に、道標にしたがって、「狛坂寺跡 ・桐生」方面へ下ります。

石階段、岩道を下ると、狛坂寺跡に出ます。花崗岩に三尊仏を彫った⓫狛坂磨崖仏(こまさかまがいぶつ)があります。

狛坂磨崖仏➡︎上桐生バス停

赤布を目印に、沢沿いを下ると、南谷林道出合。道標があるので、「上桐生バス停」方面に向かいます。

なだらかな下りが続き、水晶谷出合。ここの道標を「野営場」方面へ。

新名神高速道路の高架をくぐり、少し進むと、右手に「逆さ観音の案内板」が立っています。

100mほどを往復して⓬逆さ観音を見たあとは、先ほどの林道をさらに進み、
一丈野野営(キャンプ)場、⓭オランダ堰堤を抜ければ、桐生若人の広場に出ます。

さらに直進すれば、上桐生バス停に到着。