【紀泉アルプス】山中渓駅〜雲山峰〜大福山〜俎石山〜箱作駅


コースガイド

  1. 山中渓駅
  2. 第一パノラマ台
  3. 四ノ谷山分岐
  4. 雲山峰
  5. 井関峠
  6. 青少年の森展望広場
  7. 懴法ヶ嶽(籖法ケ岳)
  8. 大福山
  9. 俎石山
  10. 東田山谷との分岐
  11. 紀泉高原キャンブ場・跡地への分岐
  12. 鳥取池緑地・桜の園への分岐
  13. 飯ノ峯川・緑道
  14. 桃の木台4丁目バス停
  15. 箱作駅

山中渓駅➡︎雲山峰

JR阪和線山中渓やまなかだにで下車。

駅から南へ進み、最初の右への小道に入ります。山中橋と踏切を渡り、50m先を左折。舗装が途切れ、銀の峰ハイキングコースのゲートを通り、阪和自動車道下のトンネルを抜けます。

薄暗い雑木林の中を進む。登りはじめは、整備されていますが、しばらくすると岩の多い急坂に変わります。

尾根道に飛び出すと分岐があり、右側に❷第1パノラマ台の展望地があります。大阪湾に関西国際空港が浮かび、六甲山まで眺望を楽しめるビューポイント。

分岐からの右は「銀ノ峰ハイキングコース」の山道で、山中渓駅に戻れる一巡路。ここでは、分岐で左を取り、雑木林の尾根を登り続けます。

建造物跡をすぎれば、三差路に出ます。左に少し歩くと、府県境で三角点のある四ノ谷しのたに。しかし、樹林に囲まれて展望はありません。

三叉路に戻り、先に進みます。

白い砂地に小マツの生えた感じのよい尾根道となり、時折見せる景色が素晴らしい。

アップダウンをいくつも繰り返します。白い岩が目立つ、アルペン的な尾根は、やがて雑木林に変わります
鳥取池への分岐をすぎて、最後に急坂を登れば、ササやススキが茂る雲山峰うんざんぽうの山頂です。

西方面をのぞいて、展望が良く、御影石の山名標石と「雨ガ森大明神の小祠(しょうし)」が鎮座します。

スポンサーリンク

雲山峰➡︎俎石山

先を進み、紀泉高原キャンプ場跡への分岐をすぎると、「青少年の森展望台への分岐」に到着。右へ進めば、❺井関峠がありますが、ここでは一旦、左の尾根道をとり、❻青少年の森展望広場に向かいます。

青少年の森展望広場は、広々とした草原の台地にあり、六角形の東屋があります。南は紀ノ川平野から和歌山市街、紀北の山々、西には大福山から高森山まで連なる和泉主稜を視界に収め、いつまでも見ていたい景色。

先ほどの分岐まで戻り、井関峠へ向かいます。

井関峠を直進し、懴法せんぽうヶ嶽を越えると大福だいふくに着きます。大福山は、雲山峰と札立山を結ぶ縦走路の真ん中に位置しています。

大福山・山頂の展望は、南西方面に開け、紀ノ川や和歌山の市街、西には泉南飯盛山などの山々、その背後には、海が青く広がり、まさに絶景。

大福山を右に折れ、少し坂を下ります。大福山から俎石まないたいしは、雑木林の平坦なヤセ尾根伝いの道で楽に行けます。

一等三角点のある俎石山は、以前は展望が悪かったのですが、最近、間伐されて眺めがよくなりました。ここから、照葉樹の多い静かな道になります。

スポンサーリンク

俎石山➡︎箱作駅

俎石山を超えると、❿東田山谷への分岐⓫紀泉高原キャンプ場・跡地から登ってくる道と合流します。

さらに、マツ林の尾根をゆるやかに下っていけば、「鳥取池緑地・桜の園への分岐」があり、ここから進路は東から北へと直角に曲がります。

スギの茂った谷間を抜け、薄暗い雑木林の中、川沿いを北進します。

川が合流点を右にたどり、山あいを抜けると、滑滝ナメタキや淵を横目に飯ノ峯川・緑道沿いを橋まで歩きます。

橋を渡り、道路を左へ直進すると、桃の木台中央公園の脇に⓮桃の木台4丁目バス停があります。

そして、そのバス停から南海ウイングバスに乗って、南海電鉄箱作はこつくりに到着。