東アルプス

東(ひがし)アルプス』とは、長野県と山梨県の県境に位置する、奥秩父山塊の岩稜のことをいいます。

詳細情報

東アルプスの由来

金峰山小屋の林袈裟雄氏が提案。

豆知識

雲取山から瑞牆山まで、10軒ほどの営業小屋があるので、小屋利用の縦走も可能。

ただし、通年営業は、雲取山にある「雲取山荘」のみ。

冬季以外は小屋番が常駐していて、食事を頼めるのは甲武信小屋、十文字小屋、金峰山小屋。

その他は不定期営業や素泊まりのみだったりするので、利用をするときは事前に確認を。

また常駐の小屋でも予約をするようにしよう。

所在地

山梨県と長野県の境界

奥秩父山塊

主な山

  • 金峰(きんぷ)山(2599m)
  • 瑞牆(みずがき)山(2230m)
  • 朝日岳(2579m)
  • 国師ヶ岳(2591.8m)
  • 北奥千丈岳(2601m)
  • 小川山(2418m)
  • 甲武信岳(こぶしがたけ)(2475m)
  • 雲取山(くもとりやま)(2017.09m)
  • 飛龍山(2077m)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ページ先頭へ