大小アルプス

大小だいしょうアルプスとは、栃木県の足利市街地東部にある、大小山〜大防山のハイキングコースのことです。

大小山・山頂直下の岩壁には、大きな「大」「小」の文字板が、かかげられています。

詳細情報

所在地

栃木県足利市

大小アルプスの由来

大小アルプスは、主峰の大小山から名付けられました。そして、その大小山の由来ですが、「この山には、昔、天狗と天狗がすんでおり、その天狗から名付けられた」とされています。

山麓の阿夫利神社の堂内には、大天狗と小天狗の大面がまつられています。

主な山

  • 大小(だいしょう)山(314m)
  • 大坊(だいぼう)山(285m)

※大小山は、別名:妙義みょうぎ山と呼ばれています。

参考サイト

⇒足利市公式ホームページ『大小山ハイキングコース』

⇒足利市公式ホームページ『大坊山ハイキングコース』

スポンサーリンク

登山ガイド

【大小アルプス】阿夫利神社〜大小山〜大坊山〜妙義山〜西場富士〜西場の百観音

スポンサーリンク
ページ先頭へ