南会津アルプス

南会津(みなみあいづ)アルプス』とは、昭和40年代に計画された、会津朝日岳~丸山岳~高幽山~三岩岳~会津駒ケ岳の南北30kmにも及ぶ「南会津アルプス縦走路」のことです。

しかし、昭和53年に会津朝日岳~丸山岳までの段階で中止になりました。現在は、その会津朝日岳~丸山岳の区間も藪(やぶ)におおわれています。

詳細情報

所在地

奥会津

主な山

  • 会津朝日岳(あいづあさひだけ)(1624m)
  • 丸山岳(まるやまだけ)
  • 高幽山(たかゆうやま)(1746.9m)
  • 三岩岳(みついわだけ)
  • 会津駒ケ岳(あいづこまがだけ)(2132.4m)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ページ先頭へ